スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男として悔しい 

太田選手 銀メダルおめでとうございます!
フェンシングやってる人なんて周りにいないし、テレビでもなかなかやらないんで、ルールーもよくわかってないんですけど、とにかく速い!
剣と身体に付けたセンサーみたいのが反応して判定するんですね。
競技自体は歴史を感じるけど、結構ハイテク。
そんな歴史的な競技に残した歴史的な一歩。
それなのに「金メダルを狙っていたので、男として悔しい」とは、かっこい~!
太田選手は今春に大学を卒業してからも就職せずに競技に集中していて、「さすがにニートとは書けない」という言葉が物語る努力の賜物ですね。
オリンピック後もフェンシングに注目です!


五輪フェンシング 「逸材」強化、歴史変え…太田銀メダル

五輪フェンシング 「逸材」強化、歴史変え…太田銀メダル
決勝は力尽きて敗れた。「金メダルを狙っていたので、男として悔しい」。競技者の本能が、そう言わせたが「日本フェンシング界にとっては大きな一歩を踏み出せたと思う」と充実感も口にした。
 豊かなスピードと繊細な剣さばきを備え、「20年に一人」といわれる逸材。そんな22歳に、日本フェンシング界の70年有余の歳月を超えた夢が託された。
 フランス発祥のフェンシングが日本に伝わったのは1932年。五輪には52年ヘルシンキ大会から出場した。フェンシングは1896年のアテネ五輪で正式競技に採用された8競技の一つ。その中で唯一、日本がメダルを獲得していないのが協会の負い目だった。
 逸材を得た日本フェンシング協会は勝負に出た。スポンサー収入やテレビ放映権料がない“マイナー競技”は強化資金が慢性的に不足している。張西(はりにし)厚志専務理事らは自ら企業に頭を下げて約5000万円を集めた。
 それを有力選手に投入し、北京五輪に向けた「500日合宿」が始まったのは昨年。強化資金で東京都北区の国立スポーツ科学センターの近辺に太田ら7選手を住まわせ、週6回1日6~8時間の練習に集中させた。今春に同志社大を卒業した太田は就職をしていない。所属の「京都クラブ」はほとんど実体はなく「さすがにニートとは書けない」と記したものだ。太田も北京五輪に人生をかけた。
 小学校3年生で、選手だった父の教えで剣を握った。大学時代のドイツ留学で恵まれたスポーツの環境を目の当たりにして「歴史を変えたい」と思った。将来の夢は大学教授。スポーツの普及に力を注ぎたいと考えている。「周囲の期待がしんどいと思ったこともあったけど、最後はそれが力になった」。熱い思いで歴史を刻み、マイナー競技の心意気を見せた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gfx.blog7.fc2.com/tb.php/7-a137ec02

頑張れニッポン!

北京オリンピックのニュース
北京五輪ニュースなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。