FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体操で遊んでいる 

内村航平選手が体操個人総合で銀メダル獲得!
今回の体操陣は男子団体の銀メダルに続く2つめ。
女子の団体5位入賞といい、すごいですね!
内村選手は10代の若さ、国際大会の経験も少ない中で強心臓ぶりを見せつけました。
途中、あん馬で2度の失敗をはね除けてのメダル獲得は圧巻です!
今後にも期待ですね!


内村が「銀」! 冨田は4位 体操男子個人総合

 体操男子個人総合決勝が14日、国家体育館で行われ、内村航平(日体大)が91・975点で2位となり、銀メダルを獲得した。内村は2種目を終えた時点で22位と大きく後退したが、中盤以降に本来の動きを取り戻した。富田洋之(セントラルスポーツ)は4位だった。
 今大会の体操でのメダル獲得は、男子団体の銀メダルに次いで2個目。
 内村は1種目目の床で無難な滑り出しを見せたが、2回落下した2種目目のあん馬で13点台にとどまって22位となり、厳しい展開となった。だが、4種目目の跳馬で16・300点、5種目目の平行棒で15・975点の高得点を連続して出し、5種目目を終えた時点で4位まで浮上した。最終種目の鉄棒では、コールマンなどの大技を確実に決め、メダルをたぐり寄せた。
 冨田洋之も3種目目の吊り輪の着地で大きくバランスを崩して転倒したが、5種目目の平行棒で16・000点を出して追い上げ、最終演技の鉄棒でも着地をしっかり決めた。
 決勝は6種目の合計点で争われた。出場者は1つの国・地域で2人までと決まっている。エース・冨田は予選で日本の3番手となる6位だったが、実績などを考慮し、5位の坂本功貴(順天堂大)に代わって出場することになった。内村は予選4位だった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gfx.blog7.fc2.com/tb.php/9-7ad4872a

頑張れニッポン!

北京オリンピックのニュース
北京五輪ニュースなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。